二代目 S&G 会議室 − 談話室      管理人へメール(koumori40@gmail.com)
S&G FORUMトップへ】 【S&G会議室へ】 【談話室へ】
  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ HELP  
7 / 3066 ツリー ←次へ | 前へ→

長文ですが... 7thAvenue 24/1/4(木) 11:13 [添付] [未読]

長文ですが...
 7thAvenue E-MAIL  - 24/1/4(木) 11:13 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : 3645(2).jpg
・サイズ : 295.7KB
   『 1965年3月と5月にBBCが放送した ” 5 to 10 ” でのポールの曲が好評だったのでチャンスを感じたジュディス・ピープは、ロンドンのCBSレコードにポールのソロ・アルバム制作を持ちかけました。 トム・ウィルソンは法的な詳細を整理するためにニューヨークから飛行機でやって来ました。 レジナルド・ウォーバートンとスタンリー・ウェストがプロデューサーとしてクレジットされていますが、何をプロデュースする必要があったのでしょうか?

ポ−ルは6月17日木曜日、アコースティックギターを持ってニューボンドストリートにあるレヴィのレコーディングスタジオに入り、マイク1本に向かって歌いました。 サイモン&ガーファンクルのアルバムとは異なり、これらはすべてポールの曲であり、カバーはなく、もちろんディランもありませんでした。

彼は6月23日と7月5日にスタジオに戻り、レコーディングを終えました。 セッションの合間に、ポールとキャシーは石畳の通りに座り、写真家のデヴィッド・ロウが ディランの『フリーホイーリン』のジャケット写真と同じカバーショットを撮影しました。

ただし、ポールは控えめな態度でディランのような態度を見せませんでした、重要なのは音楽だけでした。 ライナーノーツの中で、ポールは、ディランが最新アルバム『アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン』のライナーノーツで採用したのと同じ種類の自由形式な表現で、ディランを批判しました。』

1965年7月16日、英CBSレコ−ドは ” I Am A Rock ” と ” Leaves That Are Green ” をシングル・カットし先行発売しました。プロモ用のシングルを制作、各メディアに配布しプロモ−ションにも力を入れました。

そして 8月17日、ポールの始めてのソロ・アルバム ” Paul Simon Songbook ” が発売されたのでした。12月になりポールが米国への帰国直前にオランダでも発売され、その後スペインなどでも順次発売されました。

添付画像
【3645(2).jpg : 295.7KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@tcn055017.tcn-catv.ne.jp>

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ HELP  
7 / 3066 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:  
784,319
C-BOARD v3.23 is Free.