二代目 S&G 会議室 − 談話室      管理人へメール(koumori40@gmail.com)
S&G FORUMトップへ】 【S&G会議室へ】 【談話室へ】
  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ HELP  
1 / 517 ページ 前へ→

" In The Blue Ligh...[0]  /  Paul Simon Interview[2]  /  ポ−ル最後のツア−[46]  /  S&G and The Other洋...[0]  /  Farewell Tour[3]  /  

" In The Blue Light " のレビュ−記事
 7th Avenue E-MAIL  - 18/11/7(水) 1:15 -

引用なし
パスワード
   週刊朝日 2018年10月26日 に
小倉エ−ジ氏によるレビュ−記事が掲載されています。
下記ペ−ジで読むことができます( 3ペ−ジ )
素晴らしい視点及び内容になっています。
日本盤に添付されている解説、又他の雑誌に掲載
されているつまらない記事は無視して御一読下さい。
できればプリント・アウトしてCDなりレコ−ドに付けて
いつでも読めるようにしておく事をおすすめします!!
下記アドレスです

https://dot.asahi.com/wa/2018102600005.html?page=1
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@softbank126009038071.bbtec.net>

・ツリー全体表示

Paul Simon Interview
 7th Avenue E-MAIL  - 18/11/5(月) 10:45 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : 9090.jpg
・サイズ : 60.4KB
   ”One on One ”
Barnes & Noble, NYC / November 13, 2008

水曜の朝午前3時というアルバムを作り
" サウンドオブサイレンス "も収録されました。

アルバムは発売されましたが
ヒットにはならず私はイギリスへ移りました。

イギリスに移った後
ア−トは私に手紙を書き
レコ-ド会社がヒットしなかった
" サウンドオブサイレンス"に
エレキギタ−・ドラムを重ね録りして
フォ−ク・ロックとして出したいと言っている
それに反対しないか?と書いてきました。

勿論 反対はありませんでした
どちらでも良かったです。
録音した事以外は何も聞きませんでした。

後に完成品が送られ
それを聴きましたが
特に素晴らしくも酷くもなかったです。

何か変わればボ−ナスの様なものだ
と考えました。

その頃、
私はデンマ−クで小さなツア−を行う予定でした。
デンマ−クには行った事がなく
イギリスでは地方のクラブを回り
一人で演奏するだけでしたから....

デンマ−クへ出発する
2週間前にア−トが私に手紙を書いてきました。
ところで当時の音楽雑誌には
チャ−トのトップ100の曲が掲載されていました。
それとは別に ”上位目前リスト ”があり
101位から120位までの20曲が紹介されました。
ア−トは" サウンドオブサイレンス"が
111位に入っていると書いてきました。
私は驚きましたが
次週には101位になっていました。

私はちょうどデンマ−クのオ−フスから
コペンハ−ゲンへフェリ−で行く所でしたが
コロンビア・レコ−ドのデンマ−ク支社まで行って
ビルボ−ド誌かキャッシュ・ボックス誌を読み
どちらか忘れましたが....
曲がトップ100に入っているか確認しました。

-----中略----

59位 サウンドオブサイレンス

私の人生は大きく変わった感じ...
実際にそうでした。

https://www.youtube.com/watch?v=yRuHnVSZMgU

添付画像
【9090.jpg : 60.4KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@softbank126009038071.bbtec.net>

Re:Paul Simon Interview
 7th Avenue E-MAIL  - 18/11/5(月) 11:06 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : 19651127.jpg
・サイズ : 37.8KB
   >コロンビア・レコ−ドのデンマ−ク支社まで行って
>ビルボ−ド誌かキャッシュ・ボックス誌を読み
>どちらか忘れましたが....
>曲がトップ100に入っているか確認しました。
>
>-----中略----
>
>59位 サウンドオブサイレンス

ポ−ルがインタビュ−で語っている
コロンビア・レコ−ドのデンマ−ク支社で見たという
雑誌を私のア−カイブから探しました....
59位というランクはどちらの雑誌にもありませんでしたが
キャッシュボックス誌
1965年11月27日号 TOP 100 で 58位にランクされています。

恐らく、この雑誌をみたのではないかと思います。
ポ−ルが それをいつ見たのか?
雑誌が発売されたのが 1965年11月20日ですから
11月20日から12月の第一週ではないかと考えられます...( 笑 )

下の写真が キャッシュボックス誌 1965年11月27日号の抜粋です」


添付画像
【19651127.jpg : 37.8KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@softbank126009038071.bbtec.net>

Re:Paul Simon Interview
 7th Avenue E-MAIL  - 18/11/5(月) 11:19 -

引用なし
パスワード
   今から53年前の話ですが...
やはり、ポ−ルもア−ティも事前に知っていたという事が
ポ−ル本人が話していました。

後から重ねた部分の音源を
私のア−カイブにありますので
少し御聞き下さい....

http://www.geocities.jp/kanesashi/SOS-elec.mp3
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@softbank126009038071.bbtec.net>

・ツリー全体表示

ポ−ル最後のツア−
 7th Avenue E-MAIL  - 18/9/7(金) 13:24 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : 901.jpg
・サイズ : 123.2KB
   ポ−ル最後のコンサ-ト・ツア−が
9月5日 ニュ−オリンズ公演からスタ−トしました。
9月20日から22日 3回のニュ−ヨ−クまで
全11公演が予定されています...
行ってきます!!

添付画像
【901.jpg : 123.2KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@softbank126009038071.bbtec.net>

Re:ポ−ル最後のツア−
 7th Avenue E-MAIL  - 18/10/5(金) 15:16 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : Final.jpg
・サイズ : 83.2KB
   Flushing Meadows Corona Park, Queens
Thirty thousand audiences
September 22 2018

添付画像
【Final.jpg : 83.2KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@softbank126009038071.bbtec.net>

Re:ポ−ル最後のツア−
 7th Avenue E-MAIL  - 18/10/8(月) 23:06 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : 0308.jpg
・サイズ : 63.5KB
   Flushing Meadows Corona Park, Queens
Thirty thousand audiences
September 22, 2018

26-American Tune( Remastering Audio )
ちょっとだけ
http://www.geocities.jp/kanesashi/0922-25.mp3

添付画像
【0308.jpg : 63.5KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@softbank126009038071.bbtec.net>

Re:ポ−ル最後のツア−
 7th Avenue E-MAIL  - 18/10/15(月) 12:06 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : 0311.jpg
・サイズ : 74.1KB
   Simon & Garfunkel のファンになったのが1966年、
1970年代初頭にはCBSソニ−・レコ−ド公認の
ファン・クラブを立ち上げました!! 
いつの日か、
必ずNYCでのコンサ−トに行きたいとずっと思っていましたが....
仕事を理由になかなか実現せず...
最後の最後で ”夢を叶える ” 事ができました!!
3夜連続のコンサ−ト
本当に夢のような時間を過ごしました
自ら決断し行動を起こせば夢は叶うものです!!

添付画像
【0311.jpg : 74.1KB】
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@softbank126009038071.bbtec.net>

Re:ポ−ル最後のツア−
 7th Avenue E-MAIL  - 18/10/15(月) 12:25 -

引用なし
パスワード
   ポ−ルが最終日コロナ・パ−クのMCで語った一言

”Welcome to New York !! ”

生涯 忘れる事はないでしょう...
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@softbank126009038071.bbtec.net>

・ツリー全体表示

S&G and The Other洋楽ナイトのお知らせ
 湘南の若大将 E-MAIL  - 18/10/10(水) 16:30 -

引用なし
パスワード
   毎度です。
今月の元気ですイベントは、
今週末の日曜日14:00からになります。

夏祭りの余韻、ポールのフェアウェルツアーの盛り上がりと寂しさが
漂う中での開催です。
奮ってご参加下さい。

https://www.facebook.com/events/229906177880989/?ti=icl

待ってま〜す。
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 ...@KD182250248198.au-net.ne.jp>

・ツリー全体表示

Farewell Tour
 Choku  - 18/9/25(火) 7:53 -

引用なし
パスワード
   ご無沙汰しております。Chokuです。

いつも通り引きこもっていましたが、千原さんのお名前を拝見して
ぜひともご挨拶と簡単なFarewell Tourのご報告を、と思いました。
2011年ロンドン・ユーストンでは大変楽しいオフ会(?)でした。

今回のツアーは、MSGの二日目と最終日の2公演に弾丸で行ってきました。
結局2公演とも最前列でみてしまいました。
(最終日も会場についたら血が騒いで・・・)
最後ということもあって、日本からもたくさんの方々が参加されたようで、
これからたくさんレポートが上がると思います。

私からはギターに関することを少しだけ。
5月の公演で、大口さんと現地でお会いできれば、とご相談していました。
私は渡米をキャンセルしたのですが、約束を果たせないまま、
とても悲しいお知らせを聞くことになりました。
長年ギターの話題でわいわいと盛り上がり、いつも貴重な情報を教えてくださった
大口さんにご報告が届けば、と思います。

ポールの使用ギターは大きく変わることはありませんでした。
・Martinの黒いギター(000サイズの黒ピックガードがついていました。装飾はOM-42PSに似ていますが指板ジョイント周りの貝が省略されていたり、全く同じではないようです)
・Martin OM-42PS (レギュラー、全音下げ)
・Martin D12-28 (The Obvious Child カポ2で弾いてましたので半音下げてるのかと)
・Yamaha黒 (Dazzling Blue 7カポで。YTOのころよく登場していた内部も黒塗装のある装飾も派手目なバージョンだと思います)

エレキは
・いつものFlip Scipioのハイストリング
・Fender(テレキャスっぽいですけど、詳しくはわかりません。LITEのみ
https://www.youtube.com/watch?v=CBnA7bnSapc

アコースティックのハイストリングを使わないという近年の傾向はそのままでした。

もう一つ大事なのは、Vincentに代わってギターを弾いていた
Biodun Kutiですが、非常に印象的でした。
特にSpirit VoicesをVincentとは違ってカポを使わずに弾いていたのは
驚きでした。フレーズはオリジナルに忠実に弾いているように聞こえるのですが
やはり彼独自の雰囲気もありました。
ナイジェリア出身の若いギタリストで、21日の公演後にバキチの計らいで
うらうめさんと4人でご飯を食べ、その時にいろいろ聞かせてくれました。
一番印象に残っているのは、Vincentの演奏が自分の音楽に
とても近いので、それを最初に聞いたとき「同じ言葉を話しているようだ」と
感じて、すぐに難なく弾くことができた、ということでした。
ポールもそれがよくわかっているようで、コンサート中では
この二人のギタリストに最大限の敬意を払って紹介をしていました。
バキチは自分の息子をみるかのように、
若い世代の活躍を喜び、さらなる飛躍を願っているようでした。
ポールも、こういう新しい才能との出会いがまだまだあるとなると
Come Back Tourを検討する日も近いかもしれません(笑)

--

これで1999年から続けた海外公演追っかけもひと段落でしょうか。
少しほっとしてます。遅れてきた世代として、「今のポール」を
少しでも多く聴きたい、と思って続けてきてS&Gを含めると
40公演近く聞くことができました。
ツアーをずっと続けてきてくれたポールに感謝するのはもちろんですが、
各会場で出会ったファンや、バックステージであったミュージシャンや
スタッフのみなさんに感謝の思いが溢れます。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@ag163126.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp>

Re:Farewell Tour
 うらうめ  - 18/9/25(火) 18:43 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : IMG_23299.jpg
・サイズ : 0.5MB
   special guest

添付画像
【IMG_23299.jpg : 0.5MB】
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 ...@sp1-72-1-175.msc.spmode.ne.jp>

Re:Farewell Tour
 うらうめ  - 18/9/25(火) 18:45 -

引用なし
パスワード

[添付] 〜添付ファイル〜
・名前 : IMG_23929.jpg
・サイズ : 0.8MB
   last scene

添付画像
【IMG_23929.jpg : 0.8MB】
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_4_1 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 ...@sp1-72-1-175.msc.spmode.ne.jp>

Re:Farewell Tour
 千原  - 18/9/27(木) 17:23 -

引用なし
パスワード
   千原です。

Chokuさん、お久しぶりです。ロンドンでお会いしたのは7年前なんですね。

いつもながらの Chokuさんらしい、思い立ったら即行動のツアー参加と
ギターを中心としたコンサートレポート、懐かしいですね。
その場の雰囲気が伝わってきました。ありがとうございます。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@softbank126075009105.bbtec.net>

・ツリー全体表示

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ トピック表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ HELP  
1 / 517 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:  
717,223
C-BOARD v3.23 is Free.